Category : 芸術・美術論   |  Group : ホーム >> 刊行物一覧


 

a+a美学研究|第13号

大阪大学大学院文学研究科 比較デザイン学クラスター|美学研究室 編集

A5判/148×210mm/168頁

並製/無線綴じ/箔押し/表紙マットPP/2019年

AD+D+DTP:松本久木 ED:高安啓介


特集:デザイン新潮流

デザインの仕事がこれほど変化しているならば、デザインの概念もまた昔と同じではありえません。今日の事情に照らして、デザインの概念だけでなく、工芸・装飾・建築・景観・環境などが一体何であるのかを掘り下げて問うてみたいと思います。たしかに、この静かな変化について知らなくても、デザインの仕事はできるでしょうし、デザインの研究もできるでしょう。けれども、私たちの思考の前提がどのように変化しているか自覚できたとき、何を克服すべきなのか、何を維持すべきなのか、考える糸口が見出されるにちがいありません。

_

[内容]

はじめに
高安啓介
(大阪大学大学院文学研究科准教授。大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。愛媛大学法文学部准教授を経て現職。専門はデザイン思想史)

|論考|

3Dプリンタ時代の工芸家像
北村仁美
(東京国立近代美術館工芸課主任研究員。大阪大学大学院文学研究科博士課程中退。専門は近代工芸史)

現代写真と古陶磁
宮川智美
(大阪市立東洋陶磁美術館学芸員。お茶の水女子大学博士後期課程単位取得退学。専門は、近現代陶芸、近代工芸史)

無装飾から超装飾へ
高安啓介

匂いのデザイン
岩陽子
(大阪大学文学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、嵯峨美術短期大学准教授。専門はフランス美学・哲学。味と匂い研究会、Perfume Art Project代表)

長寿時代を生きるための運動のデザイン
近藤存志
(フェリス女学院大学文学部教授。エディンバラ大学大学院社会科学研究科博士課程修了。PhD (Edin.)。専門は、イギリス芸術文化史、デザイン史)

人間の目から考える景観デザイン
山内貴博
(秋田公立美術大学景観デザイン専攻准教授。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。専門は環境デザイン)

現代的ランドスケープと公共空間
佐藤紗良
(京都市立芸術大学非常勤講師。大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。専門領域は、歴史的建造物の修復をめぐる諸課題を中心とした建築・庭園・修復史)

人間の脳・機械の脳・環境の脳
高安啓介

デザイン哲学の陥穽──スローターダイクにおける「島化」と「泡塊」
田中 均
(大阪大学准教授(COデザインセンター/大学院文学研究科)。専門領域はドイツ語圏を中心とする近代美学、芸術における「参加」をめぐる諸問題)

|解説|(高安啓介)

社会デザイン/批判デザイン/思弁デザイン/食のデザイン

|エッセイ|

裁量労働制の寓話──ヴェネツィアの彫刻家から博多の仙僂泙
橋本順光
(ランカスター大学大学院博士課程修了。博士(歴史学)。現在、大阪大学大学院文学研究科准教授。専門は日英比較文学)

風をデザインする
平井直子
(大阪中之島美術館準備室主任学芸員。大阪大学大学院博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。専門は、デザイン史、西洋美術史、博物館学)

Gマークは「共有と協働」の時代へ
森山明子
(武蔵野美術大学造形学部教授。東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。専門はデザイン情報学、デザインジャーナリズム)

|写真|

勝又公仁彦
(美術家、写真家。京都造形芸術大学准教授、多摩美術大学非常勤講師。早稲田大学法学部卒業、インターメディウム研究所修了。主なコレクション:東京国立近代美術館、世田谷美術館、沖縄県立博物館・美術館、上海視覚芸術学院、相模原市、清里フォトアートミュージアム、株式会社資生堂)


>>a+a美学研究|第12号
>>a+a美学研究|第11号
>>a+a美学研究|第10号












 


ISBN 978-4-944055-99-9
定価

1,620円(本体1,500円、税120円)

購入数


カテゴリー|Category

刊行物|Publication

新刊|New Publication

注目の本|Selection

Link

Cart

» カートの中身を見る

» お支払い方法

Search